お仕事の依頼はココをクリック

『ライティング講座』ブログ版コピーライティングを分かりやすく解説

ブログ
スポンサーリンク

 

ユーザーに読んでもらう画期的な記事の書き方を思いついたでござる、、、

 

まいどおおきに!おおもと(@so88qa)です

 

今回は、『コピーライティング講座 第2弾』より実践的なノウハウをお伝えします。

つい先日、わたしはついに80記事を書き終えました。

 

そして、わたしは見つけてしまった!

 

ブログ版のコピーライティングを、、、、、
このノウハウさえ会得したら、怖いものなし間違いなしのものになっています。

 

興味がある方はぜひ最後まで読んでください

 

関連記事みる

https:/wvtravelclub.jp/writing1/

 

書籍でコピーライティングを学ぶ

 

スポンサーリンク

前提:記事を書いても『読者』は記事を読まない

 

むすめ
むすめ

そういや〜ブログって、時間をかけて読んだことってないな〜

わたし
わたし

ネットユーザーのほとんどが、ブログを読まないんだって

ウェブサイトのユーザービリティ(使いやすさ)の第一人者である、
「ヤコブ・ニールセン博士」リサーチの結果

  • ユーザーの8割はテキストを読まない
  • webページでのユーザーの目線はF型の軌道をとる

ということが分かっています。

 

あなたも、この2点に思い当たる節はありませんか?

なぜこのようなことが起こるのか?考えて見ました

ユーザーの8割も文章を読まない理由

わたし
わたし

PC画面を見ていると目がチカチカするんだよね〜

 

ネットで文字をじっくり読んでいると、目が疲れてきますよね。

文字を読むなら、kindle(キンドル)より本派という人もまだまだ多いです。

kindle(キンドル)便利なのにね

 

会社の会議でも、
「タブレットなんか使わん!紙だ!KAMI☆」というハゲもまだまだ多くいて『マジでムカ・・・』ってします!
(オレの仕事が増えるだろ!カツラでもかぶっとけ)

 

でも、たしかに小さい字を読むのは疲れるし、、、、
ネットで検索すればズラーーーーーーっと情報が出てくるので、一つの情報をそこまでじっくり読む必要がないのも確かですね〜

F型の目線だと、最初だけ読んであとは流すだけ

わたし
わたし

最初の2行だけ読んで、後は下に一直線だから、Fなんだね

 

ブログを読む時の目線がFみたいな動きをするからF型と呼ばれます。

最初だけ読んで、後は最後まで一直線にながすだけ┐(´ー`)┌ヤレヤレ

 

わたしのブログだけはやめてください。

 

ただ、このF型の目線がブログをしっかり読んでもらうための『カギ』なんです。

 

スポンサーリンク

ユーザー攻略:記事を読んでもらうための工夫

 

わたし
わたし

文章を読まれないなら、読ますように工夫すればいいんじゃね?

 

ユーザーに読んでもらうためには『興味のあるキーワードを目立つところに配置』することが重要です。

具体的にどうするのか?考えて見ました

目立つ目次を作るために、見出しに結論を書いちゃおう!

わたし
わたし

この記事はなにを書いてあるのかな〜目次をみよ

 

目次は、最初に一番目立つ項目です。

最近はPCよりスマホでブログを読むことの方が多い
ブログ自体も高速化しているのですぐに表示されて、シャーって導入部を読まずに目次まで進んじゃいます

 

目次をみて、記事の内容の答えが全て書いてあったらどうですか?

 

興味がなければ、さよなら〜ってブラウザーバックするでしょう
逆に興味があれば、読みたい項目までジャンプして読みたくなっちゃいます(´⺲`)

 

目次でユーザーを釣りましょう!

その為には、

  • 目次の順番にストーリーを持たせる
  • 目次に結論を書く

この2点を守って目次を書いてください。

本文にはユーザーが興味のある単語をちりばめよう!

わたし
わたし

美人 かわいい きれい うほぉーーーー読みまくりますぞ!!!!

 

目次・見出しを飛ばしてしまったユーザーがいたなら、単語で釣りましょう!

 

単語なら、文章と違いスッと目に入ってきます

流し読みをしているユーザーが興味のある単語を見つけたら、
その前後の文章を読んでくれるので不自然にならない程度に、
ユーザーが興味のありそうな単語をちりばめましょうd(`・ω・´)b

 

スポンサーリンク

記事攻略:ユーザーの興味をリサーチする方法

 

わたし
わたし

読んで欲しいユーザーを設定するところから始めよう!

ユーザーを知ること(想定すること)から初めて、想定したユーザーの好きそうな単語を調べ尽くすだけの簡単なお仕事

(なれるまで、時間がかかるけどな)

ユーザーを知るためまずはペルソナを作ろう!

わたし
わたし

自分をペルソナにすると楽だよ!

 

読んでもらいたい、検索をしてもらいたいユーザーを知るために『ペルソナ』を作りましょう!

ペルソナとは、具体的な「ターゲット」を決めること

  • 年齢
  • 性別
  • 性格
  • 家族構成
  • 職種

など、思いつく範囲で決めてます。

最初は、自分をターゲットに想定して決めると楽のでおすすめ(*^-^*)

 

ちなみに、わたしのブログの場合は

  • 30代、男性、会社員、既婚者
  • 飽き性、ビジネスに興味がある
  • 好きなことを徹底してやる性格

こんな感じでペルソナを作っています。

 

ペルソナを作ったらいよいよリサーチの始まりですね!

リサーチの本質ユーザーの好きな単語を本・ニュース・テレビなど色々なもので調べまくる!

わたし
わたし

目につくもの全てを使って、メモするのみ_〆(。。)

 

ペルソナができたら、想定したユーザーが好きそうなことを探します。

  • ビジネスが好きなら、ビジネスの本を読む
  • 恋愛がすきなら恋愛の本
  • 政治がすきなら、ニュース

考えられるものは全て探しましょう!

探して→メモして→探すこれの繰り返し、
地味ですが、これがリサーチというものです

 

ペルソナの設定が自分なら楽でしょ?(´ω`;)

初めは、ペルソナの相手は自分にしてみましょう!

リサーチのコツ男性女性でブログの内容がゴロッと変わる

わたし
わたし

オレは数字しか信じない!グラフを出せ!根拠を出せ!

むすめ
むすめ

あるある!私と同じことを考えてる人がいるんだ〜

 

男性女性で、ブログの表現がかわってきます。

異性の考えていることが理解できないことってたくさんありますよね?

 

わたしなんて、毎日ヨメにおこられて「なんで怒ってんの?」って感じで理解不能のことがよくあります。

それは仕方のないことで、脳の構造が違うので

  • 男性は論理的
  • 女性は感情的

これを理解してください。

 

ブログで気をつけることは、

  • 男性の場合は、数字・根拠を書いてあげて信頼を狙う
  • 女性の場合は、体験談・感情を書いてあげて共感を狙う

最近では、女性よりの男性も増えてきているので共感を狙っていく方が多くのユーザーに読んでもらえるかもしれません。

 

リサーチも女性向けの記事をかくなら、

  • 過去の体験を元に書く
  • リサーチしたことを一度やってみる
  • 友人に話を聞く

などがありますね

男性なら

  • 根拠を調べる

これだけ

男は単純なんで、調べることも単純で助かる

 

スポンサーリンク

最後はやっぱり、記事のリライトをしっかりやる

 

わたし
わたし

渾身の記事ができたら、1ヶ月おきぐらいで様子見してリライトするといいよ

 

一発で読まれる記事ができるのはマレです。

普通は、記事を書いて一度寝かす

そして、リライトをしていきます

 

リライトの仕方』についての記事をみる

ブログ開設2ヶ月で60記事達成!!!資産記事に改善するべくリライトあるのみ
どうも!当ブログ管理人「おおもと」ですペコッ ((_ _*≡*_ _)) ペコッ わたくしごとですが、、、、、 この記事で見事60記事を達成です(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡ これから、70記事を目指しながら同時にやらなければならない事があります。 それは、過去の記事をリライトしていき資産記事にしていくことです! リライト方法について詳しく説明していきますので、ぜひ読み進めてください!

 

ちゃんと作った記事は、一文字変えるだけでも反応率が変わったりしますので色々ためしてください

 

スポンサーリンク

まとめ

わたし
わたし

コピーライティングの技術とブログをうまく合わせてみた結果、この答えにたどり着きました。

 

「ブログは個性をだしてなんぼ」そこが難しい

 

コピーライティングは、基本的にライターなので個性を殺して記事を書きます。

 

そこがブログと違うんですよね〜

 

人によって、書き方やノウハウは違ってきます

わたしのコピーラーティングのノウハウもその中の一つなので、この記事を読んでいる方も自分だけのノウハウを築き上げてください。

 

次の記事をみる

『ライティング講座』コピーライティングの基本3つのNotについて
この記事はコピーライティングの基本3つのNotについてのお話です。 実践的な内容でとても強力なので、理解するまで読み返してください。

 

書籍でコピーライティングを学ぶ

 

わたし
わたし

質問などがあれば、コント覧に書き込んでください!

- Comments -

タイトルとURLをコピーしました