Kindleストア売れ筋ランキング

精神障害者手帳を貰う『メリット』を解説|もらわないと損をします!

精神障害者手帳をもらうため、頻繁に病院に通っているおおもと(@so88qa)です

ADHDの人が精神障害者手帳をもらえるって知ってました?

少し前はなかなか貰えなかったらしいですが、今ではほぼ100%貰えますよ!

精神障害者手帳がもらえてもデメリットになるんじゃ…って思っていませんか?

実は、精神障害者手帳はメリットばかりでデメリットは「手帳の更新」があるぐらいなんです!

この記事は精神障害者手帳のメリットを解説する記事です!
手帳取得に迷っている方は、ぜひ参考にしてください

Contents

障害者枠で転職が有利!

会社には、障害者雇用促進法という法律が適用され、会社の規模(従業員数)に応じて一定数以上の障害者を雇用する義務があります。

会社からしたら、障害者を雇うことはデメリットがとても大きい・・・
障害者でも一人の従業員なので、

  • 給与の支払い
  • 環境の改善

を行う義務が発生します。障害者の差別なんて会社は全力で改善する義務がありますね

マジで障害者を雇うことって大変なんです

どうせ障害者を雇うなら、できるだけ優秀な障害者を雇いたいと思うのが普通ですよね

そこで、障害者手帳を持っているADHDの人の出番です。

ADHDは「少し忘れっぽい」「落ち着きがない」はありますが、普通に仕事ができます。

あわせて読みたい
「ADHDとそっくり」アスペルガー症候群の特徴をまとめてみた!
「ADHDとそっくり」アスペルガー症候群の特徴をまとめてみた!まいど!前向きなADHDのおおもと(@so88qa)ですこの記事は、ADHDと合併症の人が多い『アスペルガー症候群(ASD)』についてまとめた記事です人とのコミュニケーションが...

普通の社員より仕事ができるADHDの人なんて大勢います。

会社からすると、仕事のできる障害者なんて絶対に雇用したい
だから、下手な障害者よりADHDの精神障害者手帳を持っている人のほうが、転職で有利になります!

税金の控除が受けられる

本人もしくは、扶養者で精神障害者手帳を持っていたら、

  • 所得税
  • 住民税
  • 自動車税

などに障害者控除の適用になり、税金が安くなります。

あわせて読みたい
【医療費が3割から1割負担に減少】自立支援医療費制度について解説!
【医療費が3割から1割負担に減少】自立支援医療費制度について解説!まいどおおきに!おおもと(@so88qa)ですADHDなどの大人の発達障害の治療ってめっちゃ高くないっすか!?こんなに高かったら「一生治療するなんてムリ・・・」って思って...

住んでいる地域によりますが、東京都であれば住民税がほぼ無料になるらしい…

精神障害者手帳の交付とは関係ないが、障害者自立支援制度を活用すれば医療費が3割負担→1割負担になるので、ADHDの人は金銭的な補助が大きい

NHKの受診料が無料になる

精神障害者手帳を持っている人がいる世帯で、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合はNHKの受信料が無料になります

放送受信料の免除について

公共施設や運賃の割引が適用される

都道府県ごとにルールがありますが、精神障害者手帳を持っていれば

  • 観光名所の入場料無料
  • 駐車料金無料
  • 博物館や美術館の入場料無料
  • 私鉄の利用が半額

などの割引が適応されます!

詳しくは障害者手帳で行こう!~全国版~をみてね

精神障害者手帳のメリットまとめ

精神障害者手帳を貰うと色々なメリットがありますね

特に金銭面の優遇がでかい

  • 税金の控除
  • NHKの受信料無料
  • 公共施設や運賃の割引

などの、優遇を受けることができます。

就活にも、活用できるので積極的に精神障害者手帳を取るようにしましょう!

今回の記事はここまで!

またね

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる