Kindleストア売れ筋ランキング

【ワードプレス高速化】redisを使ってワードプレスを高速化する方法を解説

2020 6/20
【ワードプレス高速化】redisを使ってワードプレスを高速化する方法を解説
記事の概要

この記事は、redis(レディス)でObjectCache(オブジェクトキャッシュ)を有効にしてワードプレスを高速化する方法を簡単に解説する記事です。

ワードプレスのデータベースにredisをインストールをするのでbackupを取ってから作業をして下さい。

まいどおおきに!おおもと(@so88qa)です!

ワードプレスでブログを書いているけど、そこまで速くならない…

ママのアイコン画像ママ

ブログが遅くて困っているの…

むすめのアイコン画像むすめ

ネットで調べると、サーバーを替えるのが一番いい方法らしいけど、手間とお金が…

おおもとのアイコン画像おおもと

ObjectCacheを使えばお金を掛けずに高速化できるよ!

ネットで「ワードプレス高速化」と調べると

  • プラグインの削除
  • 画像の圧縮
  • Java・CSS・HTMLの縮小
  • ブラウザーキャッシュ・ページキャッシュを有効化
  • サーバーの入れ替え
  • KUSANAGIの導入

など、同じ内容の記事が多いと思います。
しかも「サーバーの入れ替え」は時間とお金がかかるし、「KUSANAGIの導入」なんて何万円も掛かり維持費もバカにならない…

そこでこの記事で、第3のキャッシュ『ObjectCache(以下オブジェクトキャッシュ)』を有効にしてワードプレスの高速化をする方法を解説します!

お金がある人ならやってもいいけど庶民には厳しい

気になる人は記事を最後まで読んで下さいね♪

この記事はカラフルボックスの管理画面(cPanel)の画像を使ってredisのインストール方法を解説します。
使用しているサーバーによってインストール方法が変わったりインストールできない場合があります。

もくじ

オブジェクトキャッシュとは?

WP_Object_Cacheは複雑なデータベースクエリなどの生成に負荷のかかるデータをキャッシュするためのWordPressクラスです。

オブジェクトキャッシュはwp-includes/cache.phpに定義されています。

プラグインを作るときにはこのコードを直接使わず、以下に挙げるwp_cache関数を使ってください。

デフォルトでは、オブジェクトキャッシュは永続的なものではありません。

これはつまり、データはメモリ上にのみ存在し、セッションの間を通してしか存在しないことを意味します。

永続的なキャッシュを利用するプラグインを使わずに、キャッシュされたデータがすべてのページをまたいで永続的に保存されることはありません

クラスリファレンス/WP Object Cacheから引用
おおもとのアイコン画像おおもと

ワードプレスの処理で時間の掛かるものを記録して速く処理する仕組みだね

ネットで「ワードプレス高速化」で調べて出てくる

  • ブラウザーキャッシュ
  • ページキャッシュ

はワードプレスが生成するページをブラウザーやサーバーが記録して2回目以降のページの表示を速くする仕組みです。

ママのアイコン画像ママ

ブラウザーキャッシュはユーザーのブラウザーで記録する仕組み

むすめのアイコン画像むすめ

ページキャッシュはサイトの管理者のサーバーで記録する仕組み

オブジェクトキャッシュとは?

オブジェクトキャッシュは「データベースの接続回数を減らす」というワードプレスの元々の機能を使ってワードプレス自体の処理を高速化する方法です。

おおもとのアイコン画像おおもと

オブジェクトキャッシュはワードプレスだけで使う事ができる仕組み

ただ、ワードプレス自体にはオブジェクトキャッシュを記録する機能がないので今回は「redis」を使います。

Redis is an open source (BSD licensed), in-memory data structure store, used as a database, cache and message broker.

It supports data structures such as strings, hashes, lists, sets, sorted sets with range queries, bitmaps, hyperloglogs, geospatial indexes with radius queries and streams.

Redis has built-in replication, Lua scripting, LRU eviction, transactions and different levels of on-disk persistence, and provides high availability via Redis Sentinel and automatic partitioning with Redis Cluster.

redis公式サイトより引用

簡単に要約すると要領の大きなデータなどを格納する事ができる高速なデータベースです。

このredisをワードプレスにインストールしてオブジェクトキャッシュを有効にします。

オブジェクトキャッシュを有効にする道のり

オブジェクトキャッシュはワードプレスに元々備わっている機能だけど使うための道の入りは困難です…

ママのアイコン画像ママ

オブジェクトキャッシュを使うための手順を紹介します。

道のり
  1. サーバーの管理画面から「コマンド」でワードプレスにredisをインストール
  2. プラグイン「Redis Object Cache」をインストール
  3. オブジェクトキャッシュを有効化

1番のサーバー管理画面から「コマンド」でredisをワードプレスにインストールする方法が日本語のサイトで情報がマジでない…

おおもとのアイコン画像おおもと

MacやWindowsにインストールする方法はあるんだけどね

ママのアイコン画像ママ

ワードプレスにインストールする方法が本当に少ないよね

ちなみにカラフルボックスの管理画面(cPanel)のTerminalを使ってインストールをします。

この画像の黒い部分に「直打ちで」$ wget http://download.redis.io/releases/redis-○.○.○.tar.gzというコマンドを打ってインストールをします。

本来ならとても難しい作業をコピペだけでできるようにこの記事で解説していきます♪

redisをワードプレスにインストールする方法

redisをインストールするためにご自身で契約しているサーバーの管理画面からTerminalなどのコマンド入力ができるアプリケーションを開きます。

今回はボクが使っているカラフルボックスの管理画面(cPanel)を使って説明していきますね♪

契約しているサーバーによってはredisをインストールする事ができない場合があります。

カラフルボックスの管理画面(cPanel)にログインした後に「詳細タグ」のTerminalをクリック

カラフルボックスのTerminalが表示されたら$◯◯となるようにコマンドを入力します。

しかし難しいので次のコマンドをコピペしてエンターを押してredisをインストールして下さい。

wget http://download.redis.io/releases/redis-5.0.5.tar.gz
tar xzf redis-5.0.5.tar.gz
cd redis-5.0.5
make

redisのバージョンによってコマンドが変わります。2019年11月最新のredis-5.0.5でインストールをしています。

wget http://download.redis.io/releases/redis-6.0.1.tar.gz
tar xzf redis-6.0.1.tar.gz
cd redis-6.0.5
make

2020年6月最新のredis-6.0.5が出ていました。定期的にアップデートされるのでredis公式サイトよりバージョンを確認してください。

make[1]: Leaving directory `/home/◯◯/redis-5.0.5/src’
make[1]: Leaving directory `/home/◯◯/redis-5.0.6/src’
make[1]: Leaving directory `/home/◯◯/redis-5.0.7/src’
make[1]: Leaving directory `/home/◯◯/redis-6.0.1/src’
make[1]: Leaving directory `/home/◯◯/redis-6.0.5/src’

と表示されたらインストール完了です♪

次に

src/redis-server

をコピペしてエンターを押して、redisを起動します。

たったこれだけで終了です!

一応確認のために、カラフルボックスの管理画面(cPanel)メイン画面から「ファイルタグ」からファイルマネージャーをクリック

redisがインストールされてれば完了です♪

オブジェクトキャッシュを有効にする方法

オブジェクトキャッシュを有効にするために「Redis Object Cache」をインストールします。

Redis Object Cacheを有効化したらボタンを押してオブジェクトキャッシュを起動させます。

画像のように「statusがDsable」「ボタンが青色」になったら成功です♪

ワードプレスの高速化のまとめ

今回の記事はredisでObjectCacheを有効にしてワードプレスを高速化する方法を簡単に解説する記事でした♪

オブジェクトキャッシュはワードプレスの重たい処理を高速化するワードプレス独自のシステムです。

管理画面も高速化するのでsitekitを入れて重たくなったワードプレスを高速化する事に役に立つと思いますので、redisを使ってオブジェクトキャッシュを有効化して下さいね♪

あわせて読みたい
カラフルボックス を1年間使って感じた「良いところ」「悪いところ」を正直に書く
カラフルボックス を1年間使って感じた「良いところ」「悪いところ」を正直に書くまいどおおきに!おおもと(@so88qa)です!カラフルボックスというレンタルサーバーを使って1年が経ちました。https://wvtravelclub.jp/colorfulbox/カラフルボックスは...

この記事を書いた人

・面白いネタ
・ためになるネタ
・時事ネタ
・しょうもないネタ
を日々更新していきます!
誤字脱字が多いかもしれませんが、愛嬌と言うことで暖かく見守ってください。

ブログを楽しむテーマ「SWELL」

当ブログで使用している有料テーマ「SWELL」はブログを楽しく書く事を思い出させてくれるテーマ

  • 簡単におしゃれな文章が作れる
  • マウスだけでおしゃれなブログを作れる
  • テーマ製作者に事を気軽に聞ける環境
  • 簡単に収益化ができる仕組みを搭載

楽しく文章を書く事以外にもワクワクさせてくれる機能がアナタを待っています!

SWELLは初心者〜上級者まですべての人にオススメのテーマ

今のマンネリ化した環境から脱出したい人はSWELLを使ってください!

ブログが書きたくて書きたくてたまらない!!!!!

SWELLはそんな思いにさせてくれます。

おおもとのアイコン画像おおもと

SWELLのおかげで毎日記事が書けています♪

SWELLに興味がある人は公式サイトをチェックしてください。

\ SWELL公式サイトをチェック /

コメント

コメントする

もくじ
閉じる