Kindleストア売れ筋ランキング

【パパができることってなに?】子育てでのパパの3つの役割について

まいどおおきに!おおもと(@so88qa)です

今回の記事はえらい真面目な話で「子育てでパパの役割について」のお話です。

パパになったけど、ママに子育てを任せっきりで育児に参加していない男性が多い

  1. 子育ては女性の役割
  2. 仕事が忙しいから、子供の面倒を見ている暇がない
  3. そもそも子供に興味がない

こんな理由で、子育てを放棄(ほうき)している男性が多い

ぼくも、同じ男性ですが

  • 仕事より子供との時間を大切にしたい
  • 子供に寂しい思いをさせたくない
  • たくましく育って欲しい

といつも思っています。

今回は、ぼくが考えている「子育てでのパパの役割』を考えていく記事です。

初めての子育てで不安や心配が多いと思いますが、子供の将来のために一緒に考えていけたらと思います。

もくじ

パパの役割は大きく分けて3つ

あなたのパパの役割はなんだと思いますが?

  1. 子供に安心を与える
  2. 子供に不自由なく育ってもらうためにお金を稼ぐ
  3. 子供と一緒に勉強をする

などがあると思います。

ぼくはどれも正解だと思ってますが、『パパじゃないとできないこと』ではないですね。ママでもできます。

ぼくが考えるパパの役割は大きく3つあると考えています。

  • 子供に社会を教える
  • 子供と遊ぶ
  • ママを支える

この3つです。

  1. 男性は女性より理論的に物事を考える
  2. 男性は、遊びが得意
  3. 子育てはチームプレイだから、パートーナーと協力する

これが、ぼくの考える『パパの役割』です。

次から、詳しく説明していきますね

パパの役割:『子供に社会を教える』

子供に社会を教えると言うのは、「いいこと」と「わるいこと」の区別を教えると言うことです。

いいことは『ほめる』・わるいことは『叱る』ことをちゃんとしましょう

子供のほめ方

子供がいいことをしたら『ほめて』あげることは、普通のことですよね?でも、「ほめるっていいことをした時だけですか?」

ぼくは、子供が頑張ったことに対して「えらいね」・「よくがんばったね」っと言ってあげたい

  1. ママの手伝いをやる
  2. 宿題をやる
  3. 学校でイヤだったことをいう

なんでもいいんです

むすめのアイコン画像むすめ

今日お勉強がんばったよ

おおもとのアイコン画像おおもと

おお〜、えらいね!

  • 遊びのつもりで、ママのお手伝いをする『お手伝いえらいね』
  • いつもより早く宿題をやる『今日も宿題がんばってるね、えらいね』
  • 今日学校でイヤなことがあったんだ『勇気を振り絞って言ってくれて、がんばったね』

大人も子供も、ほめられたら「嬉しい」

子供は素直だから「ほめられて嬉しい」ことをどんどんやるようになります。

ほめることによって「子供にいいこと」を教えてください。

子供の叱り方

子供が悪いことをしたらどう『叱り』ますか?

  1. 大声で怒鳴る
  2. 軽く叩く
  3. 謝るまで無視をする

イオンなどの、大型スーパーに行くとこんな親をよく見かけます。

これは、叱る(しかる)じゃなくて怒る(いかる)と言い

感情に任せて、自分の欲求を発散しているだけの「相手からしたら何の得にならない行為」なので心当たりがあったらやめるように努力しましょう。

怒ってしまうのは、子供が言うことを聞かないから「イライラ」しての行動だと思いますが、これでは子供はいつまでたっても『自分のしたこと』の理解ができません。

じゃあどうしたらいいの?

簡単です。なぜダメなのかをちゃんと「いい聞かせればいい」です。どの家庭もやっていますよね

むすめのアイコン画像むすめ

おもちゃぽい

おおもとのアイコン画像おおもと

おもちゃがかわいそうでしょ!やめなさい

子供を叱るときに

  • なぜ、今やったことがダメなのか?
  • 自分がやられたらどう思うのか?
  • どんな危険があるのか?

このような理由を、子供の顔を見ながら「誠心誠意(せいしんせいい)」伝えましょう!

もちろん、何度も同じことをします。その度に「またか!」と思わず、何度でもできるようになるまでちゃんと叱ってあげましょう

パパの役割:『子供と遊ぶ』

遊ぶなんて「ママでもできるじゃん」って思うかもしれませんが、体をつかっての遊びはやっぱりパパの方が上手

公園の砂場・学校のグランドなどの、外での遊びはやっぱり男性の方が上手です。

ぼくの娘は普段スマホを使って「youtube」「マインクラフト」などのゲームで遊ぶのが日常ですが、やっぱり晴れの日のお外遊びが一番好き

外で体を動かして遊ぶことで子供は「多くのことを学びます。」

  1. これをやったら危険だな
  2. こうして遊ぶと面白いな
  3. 日が照っているとこをは熱いな
  4. 道が凍っているところは滑るな

家の中だけでは学べない情報が外にはたくさんあります。

パパと一緒に外で遊んで多くのことを学ばせてあげてください。

遊びなんでなんでもいいんです。

むすめのアイコン画像むすめ

パパ〜今日は公園であそぼ〜

おおもとのアイコン画像おおもと

いいよ〜

  • かけっこ
  • プール
  • スキー

本当になんもいい

ぼくが小学生の時は、海でタコをとったり・木に登って小さなツリーハウスを作ったり

子供だけで船を運転して沖に釣りに行ったりしていました。

遊びなんてなんでもいい、子供がやりたいことを一緒にやってあげましょう

パパの役割:『ママを支える』

これが一番大事なことかもしれない…

「共働きの家庭・専業主婦の家庭」どちらにしても、ママは大変
日本には「子育てといったらママ」という考えが残っています。

  1. 学校や保育園・幼稚園の行事
  2. ママ友との付き合い
  3. 親の目

あげたらきりがないほど、ママは色々なプレッシャーを受けながら子育てをしています。

だからこそ、パパはママ支える必要があります。

ママのアイコン画像ママ

しっかりしなきゃ!

おおもとのアイコン画像おおもと

たまには力を抜いて休みなよ

  • 頻繁にコミュニケーションをとる
  • 家事・掃除をやる
  • ママに休日を決めて、好きなことをしてもらう

やろうと思えばいくらでもありまが、「やりすぎもダメ」で逆にママのストレスになってしまいます。

家事・掃除は役割分担をオススメします。

おおもと家では

  1. ゴミ捨て
  2. 庭の手入れ
  3. お風呂・洗面所・トイレ・換気扇・排水管の掃除
  4. 自分の服の洗濯
  5. 子供のお風呂・寝かしつけ
  6. 子供を起こす

ママは専業主婦ですが、ぼくはこれだけのことはやってます。

これで少ないぐらいですが、パパはママのことを考えて「甘えず」しっかりとママのことを支えてあげてください。

パパの役割のまとめ

ぼくの考えるパパの役割は3つだけ

  • 子供に社会を教える
  • 子供と遊ぶ
  • ママを支える

この考えは人によって違うと思いますが、仕事が忙しいなどの理由で育児に参加しないパパは最低です。

また、ママに甘えてばかりのパパも「ママに負担」を負わせていることをちゃんと理解しましょう

子供ができたら子供の成長が一番、「やることやったから好きなことをしていい」と言うものじゃないんです。

しっかりママと話し合って、「何ができるのか?」をしっかり考えてください。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 初コメントです(*゚▽゚*)

    記事読ませて頂きました(*≧∀≦*)

    パパの役割…大変共感できました‼️

    やっぱり、社会の部分はパパ出ないと分からない部分もあると思います。

    ママを支えるという発想は無かったので、私も今後支えていけるように考え方をシフトして行動していこうと思いました(^ω^)

コメントする

CAPTCHA

もくじ
閉じる