ワードプレスプラグインは「7つ」だけでOK!必須プラグインを紹介するよ!

プラグインソムリエ(自称)のおおもと(@so88qa)です

みんなどんだけ、ワードプレスにプラグインをいれてるんだろ…

興味本位(きょうみほんい)でググってみました!

おおもとのアイコン画像おおもと

oh…

定番22個とか必須20選とか、どんなテーマを使ったらそんなにプラグインを入れる必要があんの!????

プラグインが多すぎると、プラグインのデメリット部分が出てしまって、マジでシャレにならないですよ。

そこで、ぼくが必須だと「断言するプラグインを7つ紹介」する記事を書きました!

それでは、紹介していきますね。

もくじ

バックアップなら「BackWPup」

バックアップ系のプラグイン

  • 突然のウイルス攻撃
  • カスタマイズ失敗によるブログ消失

などの、リスクに備えて入れてバックアップを取ってくれるプラグインが『BackWPup』

おおもとのアイコン画像おおもと

うわ〜ブログが飛んだ〜〜〜〜〜

ママのアイコン画像ママ

バックアップから復旧させれば元どおりになるよ

DLはこちら:BackWPup – WordPress Backup Plugin

BackWPupの良いところは、

  1. 定期的にバックアップを取ってくれる
  2. バックアップデーターをクラウドに保存できる

と言う所にあり、自由度の高いプラグイン

突然のリスクに備えて絶対入れておきたいプラグインです。

リンク切れを知るなら「Broken Link Checker」

リンク切れを知らせてくれるプラグイン

リンク切れにマジで厳しいGoogle先生・・・

リンク切れに気づかないまま放置していると、記事の順位が地の底まで落ちる

検索順位の下落を未然に防ぐためのプラグインが『Broken Link Checker』

むすめのアイコン画像むすめ

リンクエラーになってるけどどうしたの?

おおもとのアイコン画像おおもと

えっ!マジどこ?どこ?

DLはこちら:Broken Link Checker

設定するだけで、メールでリンク切れを知らせてくれます。

SEO面で必須プラグインです。

インデックスさせるなら「WebSub/PubSubHubbub」

検索エンジンに、速攻で通知してくれるプラグイン

記事を「投稿」「更新」するとGoogleやYahoo!にいち早く通知してくれる便利なプラグイン

Webスパイダー(Webスクレイピング)『記事の情報を抜き取って、いち早く検索エンジンにインデックスさせることでオリジナル記事と偽装させる』を防ぐことができるプラグインが『WebSub/PubSubHubbub』

おおもとのアイコン画像おおもと

がんばって記事をかいたぞー

ママのアイコン画像ママ

あれ?同じ記事が先にあがってるよ?

DLはこちら:WebSub/PubSubHubbub

悪質なパクリを未然に防いでくれるプラグインです。

Pingを制御するなら「WordPress Ping Optimizer」

Pingを制御してくれるプラグイン

ワードプレスは、Pingマシンガンです。

ワードプレスは、記事の修正・更新をする度にPingを送信します。

ガンガン送信しまくるのでマレに「Googleからスパム認定」を受けることがあります。

そのような危険を未然に回避するプラグインが『WordPress Ping Optimizer』

おおもとのアイコン画像おおもと

記事を頑張ってリライトするぞ〜〜〜〜

ママのアイコン画像ママ

あれ?パパのブログスパム認定されてるよ??

DLはこちら:WordPress Ping Optimizer

記事の公開時のみにPingを発信するので、検索エンジンからいち早くインデックスしてくれるようになります。

SEOの観点からも入れておきたいプラグインです。

日本語に対応させるなら「WP Multibyte Patch」

ワードプレスを日本語に対応させてくれるプラグイン

おおもとのアイコン画像おおもと

なにも考えずとりあえず入れよう

ママのアイコン画像ママ

は〜い

むすめのアイコン画像むすめ

は〜い

DLはこちら:WP Multibyte Patch

日本語でブログを作成するなら、必須プラグインです。

サイトマップは「XML Sitemap & Google News feed」

サチコやWebマスターツールにサイトマップを自動送信してくれるプラグイン

有名は、「Google XML Sitemaps」ですが、最新版にアップデートしたら不具合で「新規サイトがインデックスされない」ことがしばしば起きます。

ぼくがオススメする『XML Sitemap & Google News feed』はサチコやWebマスターツールの設定方法はGoogle XML Sitemapsと一緒で楽チン

ワードプレスの管理画面から、XMLサイトマップの制御もできるので、こちらの方が高性能でいいです。

おおもとのアイコン画像おおもと

Googleニュースにもインデックスできるよ!

ママのアイコン画像ママ

便利ね〜

DLはこちら:XML Sitemap & Google News feeds

XMLサイトマップの不具合で困っている人は「XML Sitemap & Google News feed」を試してみてください。

セキュリティーなら「SiteGuard WP Plugin」

日本語に対応したセキュリティー系のプラグイン

管理ページとログインページの保護を中心としたプラグインが『SiteGuard WP Plugin』

  • 不正ログイン
  • 管理ページ(/wp-admin/)への不正アクセス
  • コメントスパム

を防いでくれます。

ママのアイコン画像ママ

入れとくと、セキュリティーが向上するよ!

むすめのアイコン画像むすめ

設定も簡単だね

DLはこちら:SiteGuard WP Plugin

ブログの乗っ取り・ウイルス感染を未然に防いでくれるプラグインです。

おまけ:プラグインの数を減らせない人は「Plugin Load Filter」

プラグインを制御するプラグイン

プラグインを入れている数が多いほど、サイトが遅くなります。

Plugin Load Filterはページごとに、読み込むプラグインを制御するプラグインです。

おおもとのアイコン画像おおもと

ON・OFFはちゃんと調べないと、プラグインが動かなくなるよ

ママのアイコン画像ママ

間違えても、ブログが飛ぶことはないけどね〜

DLはこちら:Plugin Load Filter

サイトを高速化させたい人は、一度は使いたいプラグインです。

必須プラグインのまとめ

必須プラグインは7つ

  • BackWPup
  • Broken Link Checker
  • WebSub/PubSubHubbub
  • WordPress Ping Optimizer
  • WP Multibyte Patch
  • XML Sitemap & Google News feed
  • SiteGuard WP Plugin

プラグインは、ブログの機能を担う部分ですが、functions.phpとjsファイルに書き込めば大部分のプラグインをテーマに直接入れることができます。

プラグインを入れて、「サイトが真っ白」になるぐらいなら

  • SNSボタン
  • メタディスクチプション
  • 関連記事

ぐらいは、自分で書いた方がいいです。

これを期に一度プラグインを見直してはどうですか?

今回はここまで!それじゃまた!

この記事をシェアする

クリックして応援♪

このブログはSWELLで出来ています!

SWELLレビュー
  • 簡単におしゃれな文章が作れる
  • マウスだけで簡単におしゃれなブログを作れる
  • テーマ製作者に事を気軽に聞ける環境
  • 簡単に収益化ができる仕組みを搭載
当ブログもSWELLで出来ています!
気になる人は公式サイトを覗いて見てくださいね♪

コメントを書いて応援♪

コメントする

CAPTCHA

もくじ
閉じる