Kindleストア売れ筋ランキング

【ニュース】京都人はプライドが命より大事だとわかる事例が出てしまった…

京都の八ツ橋大手の井筒が聖護院の創業について裁判を起こしたようです。

京都銘菓「八ッ橋」の老舗大手「井筒八ッ橋本舗」がライバル社の「聖護院八ッ橋総本店」に、創業を元禄2(1689)年とする表示の使用禁止や600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10日、京都地裁であった。久留島群一裁判長は、聖護院の創業を巡る表示について「消費者の行動を左右させる事情とは言えず、品質などを誤認させる表示にはあたらない」と判断し、請求を棄却した。

 裁判では、聖護院がのれんや看板などに「創業元禄二年」「since1689」と表示していることが、不正競争防止法が禁じる商品の品質などを誤認させる表示にあたるかどうかが争われた。

 判決は、聖護院の創業を巡る表示は「江戸時代に創業し、菓子の製造販売を始めたようであるとの認識をもたらす程度に過ぎない」とし、商品の品質などと結びついて消費者の行動を左右させる事情とは言えないと判断した。

 裁判で、井筒側は「(聖護院が)確実な根拠もなく伝承と異なる来歴を唱えている」とも訴えたが、久留島裁判長は「正当な根拠に基づかないとか、誤った説明で八ッ橋全体の信用性を失わせるとまでは認められない」として退けた。(向井光真)

朝日新聞より引用
おおもとのアイコン画像おおもと

伝統と格式(プライド)が大事な京都らしい裁判です。

ぶっちゃけ他県民からすれば「創業なんて何年でもいい」と思う人がほとんどだと思います。

しかし京都人は違って…

創業100年未満の会社はバカにされる

という風習があります。

京都は創業100年以上の会社がたくさんあり、そのすべてが京都の老舗(しにせ)という名誉を背負っています。

京都で商いをする人からすると創業はとても大事なステータスなのです。

今回の事例は京都のお菓子「八ツ橋」のライバル会社どおしの顔に泥を塗り合いです。

相手の顔に泥を塗れればそれでいい

とりあえず相手を陥れたい京都人ならではの感情が原因だと思っています。

京都に住む人全員が相手を陥れるため影でコソコソやるとは言えないですが、割合的には多いと思います。

  • 京都に永住する
  • 京都に一時的に住む

人は京都人の感性に気をつけてくださいね。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる