Kindleストア売れ筋ランキング

【ニュース】京都仏教会が言ってしまった…「持続化給付金」は宗教法人は受給してはならない!

京都仏教会は持続化給付金を宗教法人が受給する事は違法という声明をだしました 。

約1000寺院が加盟する京都仏教会(有馬頼底理事長)などは、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業などに政府が現金を支給する「持続化給付金」について、宗教法人は受給を求めるべきでないとする声明を発表した。宗教界の一部には、経済的に追い詰められている宗教法人を持続化給付金の対象に加えるよう、政府・与党と交渉する動きがあると指摘。宗教法人の業務自粛による収入の減少を補塡(ほてん)するための公金支出は宗教への援助であり、憲法の政教分離原則に違反するのは明らかだと主張した。9日付。

その上で、個々の寺院の大多数は檀信徒(だんしんと)の布施・寄進に依存しており「営業自粛などで大きな影響を受けた事業者」に相当しない▽仮に申請する場合、確定申告書による収入の確認は、非課税の宗教法人にとってありえない手続きだ――などと結論付けている。【矢倉健次】

毎日新聞より引用
おおもとのアイコン画像おおもと

えっできないの!?

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。

持続化給付金より引用

持続化給付金は事業者が対象の給付金です。

事業としての意義

事業者とは法人または個人事業者の事を指します。

この法人の中には宗教法人も含まれますが、社団法人や財団は事業者に該当しないものもあります。

詳しくは国税庁のHPを読んでください。

対象が事業者である以上宗教法人も含まれるので、持続化給付金の対象だと思うのですが

京都仏教会は公金を宗教法人に支出することは「宗教への援助」になるため違法と言っています。

個人的な見解ですが、宗教法人限定の給付金ではなく「日本社会維持のため国が支出する給付金」なので宗教法人への援助に該当しないと考えています。(カッコいいことを言って自分の首を締めているとしか思えない…)

国がどう判断するか見ものですが、困っている所に公金を支出する事は普通の事だと思うしカッコいいことが言いたいなら

宗教法人は税金を払わなくていい(かなり優遇されている)という法律を変えてちゃんと税金を払ってもらいたいものです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる