【ニュース】コロナウイルスの影響で大学の内定率が大幅低下

コロナウイルスの影響で大学生の面接が思うように進んでいないようです。

来年春に卒業予定の大学生の就職内定率は、大手企業の面接が本格化した今月1日の時点で56%余りとなり、去年の同じ時期より13ポイント低くなりました。

調査した会社では、新型コロナウイルスの感染拡大で企業が対面での面接ができず、選考が進んでいないことが背景にあると分析しています。

この調査は、就職情報大手のリクルートキャリアが、就職活動の実態を調べるため、来年春に卒業予定の大学生を対象に今月1日と2日、インターネットで行い、750人余りから回答を得ました。

それによりますと、大手企業の面接が本格化した今月1日の時点の内定率は56.9%で、去年の同じ時期と比べると、13.4ポイント低くなっています。

2016年度に始まったいまの就職活動のスケジュールでは、2016年6月の51.3%に次ぐ低い水準となっています。

学生が得た内定のうち、従業員300人未満の企業の割合が去年より少なくなっていて、調査した会社は、感染拡大の影響で、特に中小企業で対面での面接ができないなど選考が進んでいないことが背景にあると分析しています。

調査を担当したリクルートキャリアの増本全さんは、「緊急事態宣言が解除されたあと、対面での選考活動が少しずつ再開していて、学生にも最終面接の案内が入り始めている。来月にかけて内定率は上がってくるのではないか」と話しています。

NHK NEWS WEBより引用
おおもとのアイコン画像おおもと

面接者と会えないから選考がすすんでいないようです。

コロナウイルスの影響で人と直接会う機会が減っており、企業側が学生と面接をする機会も減っているらしいです。

個人的には面接なんてWEB上でやればいいんじゃない?と思っていますが、日本固有の「人と直接会わなければその人の事が分からない」と思っている老害が多いため面接のIT化が進んでいないのではないか?と思っています。

今後確実に「人と会うために人が移動する」という事は世界的に減っていくと思っています。

  • 面接
  • 営業
  • 会議

などのビジネスなんて移動時間を短縮できればどれだけ効率的なのか、今回のコロナウイルスでのテレワーク(リモートワーク)で分かったと思います。

学校ではITについて教えてくれません。

今は子供の教育でネットリテラシーを含めたITに関して家庭内で教える必要があると思います。

少しでも長い時間PCやスマホを子供に触らせる時間を作って少しづつ教えてあげてくださいね。

この記事をシェアする

クリックして応援♪

このブログはSWELLで出来ています!

SWELLレビュー
  • 簡単におしゃれな文章が作れる
  • マウスだけで簡単におしゃれなブログを作れる
  • テーマ製作者に事を気軽に聞ける環境
  • 簡単に収益化ができる仕組みを搭載
当ブログもSWELLで出来ています!
気になる人は公式サイトを覗いて見てくださいね♪

コメントを書いて応援♪

コメントする

CAPTCHA

もくじ
閉じる