Kindleストア売れ筋ランキング

【ニュース】政府はコロナショックでも消費税を下げる気がないようです…

5月27日に新型コロナウイルス対策の第二次補正予算案が閣議決定しました。しかし内容を読むと消費税について一言も触れていません。

政府は国民が生活に困窮していても消費税を下げる気がないようです。

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する今年度の第2次補正予算案を27日、閣議決定しました。店舗の賃料の支援や企業の財務基盤の強化策などを盛り込み、一般会計の追加の歳出は総額31兆9114億円と、補正予算としては過去最大の規模です。

政府は27日、持ち回りの閣議で、感染拡大を受けた追加の対策を実行するための第2次補正予算案を決定しました。

NHKより引用

内閣府のHPより第二次補正予算案の情報(PDF)がDLできます。

おおもとのアイコン画像おおもと

1回目と比べると豪華になっているけど消費税に触れないなんて…

3月30日の朝日新聞の記事で

自民党の国会議員有志は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として、消費税率の5%への引き下げなどを求める緊急声明を発表した。安倍晋三首相や党執行部に届けるという。

声明では「景気の致命的下降、恐慌を食い止めるため消費減税は欠かせない」と主張。とりまとめに当たった安藤裕衆院議員や青山繁晴参院議員がそれぞれつくる勉強会メンバーも賛同しているといい、青山氏は「党内に100人以上の『減税勢力』が誕生した」と語った。

減税に伴う財源について、安藤氏は「当面は国債発行で賄う。デフレを脱却すれば法人税収入も上がり、日本の財政は健全化していく」と述べた。(鬼原民幸)

朝日新聞より引用

という記事を見かけて「やっと消費税が減税される!」と思っていましたけどただのアピールだったようです。

こちらの消費税が国を滅ぼすという本を読んで貰えれば分かりますが

消費税は「金持ち」「貧乏人」と関係なくモノを買うと一律10%の税金が取られます。

しかし、金持ちと貧乏人では所得に対する消費割合が違います。

かんたんに説明すると

貧乏人は毎月食費だけで給与を使い果たすのに対して金持ちは貯金や投資に回す余裕があるから、金持ちは消費税10%を払っても生活に支障はないけど貧乏人は消費税を余裕がない

税金は「取れる人にはちゃんと取る」「取れない人には取らない」が大前提ですが消費税は平等に取られます。

消費税は悪なんです。

そんな消費税に手をつけない政府は国民の苦しみが分かっていません。。表面上体裁を整えていいように見せているだけ…

安倍政権は頑張っていると思いますが、国民の苦しみをまるで分かっていない政権です。

このままだと自民党に次はないですね。

この記事を書いた人

・面白いネタ
・ためになるネタ
・時事ネタ
・しょうもないネタ
を日々更新していきます!
誤字脱字が多いかもしれませんが、愛嬌と言うことで暖かく見守ってください。

ブログを楽しむテーマ「SWELL」

当ブログで使用している有料テーマ「SWELL」はブログを楽しく書く事を思い出させてくれるテーマ

  • 簡単におしゃれな文章が作れる
  • マウスだけでおしゃれなブログを作れる
  • テーマ製作者に事を気軽に聞ける環境
  • 簡単に収益化ができる仕組みを搭載

楽しく文章を書く事以外にもワクワクさせてくれる機能がアナタを待っています!

SWELLは初心者〜上級者まですべての人にオススメのテーマ

今のマンネリ化した環境から脱出したい人はSWELLを使ってください!

ブログが書きたくて書きたくてたまらない!!!!!

SWELLはそんな思いにさせてくれます。

おおもとのアイコン画像おおもと

SWELLのおかげで毎日記事が書けています♪

SWELLに興味がある人は公式サイトをチェックしてください。

\ SWELL公式サイトをチェック /

コメント

コメントする

Contents
閉じる