お仕事の依頼はココをクリック

今だからこそ語る|自衛官だった頃の自衛隊の闇について暴露します。

自衛隊の闇 自衛隊
スポンサーリンク

まいどおおきに!おおもと(@so88qa)です

突然ですが、産経新聞に自衛官の採用年齢の引き上げの記事を見かけました。

自衛官の採用上限、32歳に引き上げ 人材確保の司令塔部署も新設 少子化で迫る「静かな有事」対応
防衛省は、自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に引き上げる方針を決めた。関連規則を改正した上で今年10月から施行する。少子化などの影響で自衛官の確保が…

ボクは18歳〜28歳までの10年間、自衛官として働いていました。

『10年も自衛官として働いてなんで自衛隊を辞めたの???』と良く言われますが、世間体を気にして

  • 仕事が忙しかった
  • 子供ができて、家族と一緒にいる時間を作りたかった

などの理由を言ってますが、本当の理由は『自衛隊の闇の部分』を見すぎて自衛隊に幻滅をしたからです。

この記事は、自衛官として10年間で見てきた自衛隊の闇の部分について書いていこうと思います。

自衛隊に志願して、日本のために働きたいと思っている人にこそ読んでもらいたいと思います。

防衛省の長距離巡航ミサイルは必要なのか?(結論必要です)
日本も長距離巡航ミサイルを開発するんですね〜ぶっちゃけミサイルなんか作ってなんか意味あるの?税金の無駄じゃない?と思う方は多いはず…元自衛官が長距離巡航ミサイルを作る必要があるのか?を解説していきたいと思います。興味のある方は記事を読んでくださいね。
スポンサーリンク

ボクは自衛官として、こんな仕事をしていました。

ボクは自衛官として会計職員として働いていました。

防衛省には大きく2種類の人がいます。

  1. 事務官・技官(背広組)
  2. 自衛官(制服組)

1の事務官・技官は、国家公務員又は駐屯地(基地)ごとで採用された普通の公務員の方達です。迷彩服を着て、演習や訓練はやりません。

2の自衛官は、特別国家公務員枠の迷彩服を着ている人たちです。

さらに、自衛官はそれぞれ多種多様な専門職があります。

  • 普通科(歩兵部隊の人)
  • 施設科(橋を掛けたり、道の整理をする土方の人)
  • 需品科(テント・食料を持っている人)
  • 会計科(お金の支払いをしている人)

など、それぞれが専門の仕事をしています。

その中でもボクは、迷彩服を着て会計の仕事をしていたということです。

会計の仕事は自衛隊のお金の流れが全てわかります。

本当に自衛隊(公務員)は汚い・・・

税金は自分のお小遣いだと勘違いしている人が多すぎ

次から、守秘義務の範囲内でボクが見てきた自衛隊の闇を暴露していきます。

スポンサーリンク

上官(上司)からの言葉は命令

自衛隊は命令で動きます。命令に違反することは絶対に許されません。

その命令は、普通の生活の中でも適応されます。

例えば

自衛官
自衛官

おい!今日給料日だよな?

おおもと
おおもと

はい、そうですけど・・・

自衛官
自衛官

オレがお前の代わりに貯金してやるから、通帳とカードをよこせ

おおもと
おおもと

えっイヤですよ!

自衛官
自衛官

命令だ!逆らうのか???

おおもと
おおもと

はい・・・渡します

自衛官
自衛官

しめしめ(ニヤリ

こんな事が本当にあって、自衛隊内で問題になっていました。

ボクの周りでは

自衛官
自衛官

お前今日から外出禁止な!

ママ
ママ

ええ〜〜〜〜

3年後・・・

ママ
ママ

いつになったら外出禁止がとけるんですか???

自衛官
自衛官

お前が辞めるまでだ!

こんな感じで、自衛隊を辞めるまで駐屯地から出る事が出来ない人がいました。

駐屯地から出れないという事は

  • 給料を引き出す事ができない
  • 実家に帰る事ができない
  • 長期休暇でも、駐屯地の中

と、ずっと牢獄に投獄されている状態でとても辛いことです。

スポンサーリンク

災害派遣の裏側

人助けをするために災害派遣に行くのではなく、遺品を漁るために災害派遣に行くやつがいる。

記憶に新しい東日本大震災

多くの方の心に大きな爪痕を残した大地震で自衛隊の活躍が大きく取り上げられました。

しかし、その裏側で当時「空挺団の隊員」は遺品を漁ってぼろ儲けした隊員がいました。その隊員は遺品漁りがバレて懲戒免職になりましたが、そんな行為をする隊員は多いです。

それ以外でも、テントでお風呂を作って被災者に提供する機能が自衛隊にはありますが、女性風呂の温度計の交換という名目を利用してのぞきをする隊員もいます。(自衛隊の中では常識)

災害派遣という名目を利用して、簡単に犯罪を犯すのが自衛隊です。

スポンサーリンク

国の予算はオレのモノ

愛人に会いたいから、国費で旅費を払えと命令してくる1等陸佐

当時、会計隊の1等陸佐が

  • 友達と飲みにいきたい
  • 愛人に会いたい

という理由で、旅費の請求をよくしていました。

しかも、会計検査などの検査に見つからないように『それらしい理由』を考えて請求してくるのです!本当に許せない

それ以外にも、会計隊の視察という事で各地の駐屯地にある会計隊に視察に訪れるのですが某1佐がくるから、

  1. 宴会を用意しろ
  2. 両隣には可愛い子を置け
  3. 某1佐の十八番の歌は絶対に歌うな

などの命令が、メールで届くほどの徹底ぶりで驚きました。

  • 某1佐以外にも、歯医者にいきたいから旅費を出せという某陸将浦
  • 安い弁当は食べたくないと言って、高い業者と契約させる某1佐
  • 年度末に予算を使い切るために、買う必要のない買い物をさせる幹部達

など、お金に関しては本当に汚い部分を多くみてきました。

スポンサーリンク

パワハラ?何それ命令を聞けないの???

自衛隊にパワハラはありません。全て命令なのですから

自衛隊も一応公務員で、ストレスチェックの制度が昔からあります。

一人一人、問題に答えてストレス度を測る簡単なやつです。

本来なら、ストレス度が高い人はそれないりの治療が必要なのですが・・・・

自衛隊は、一人一人答案を確認され書き直しを命令されます。

表面上では、みんなストレス無く最高の環境で仕事をしていると見せかけるのです。

だから、自衛官の自殺者はとても多い

10年間自衛官として生活をして、2年に1人身近な人が自殺をしました。

スポンサーリンク

自衛官の闇のまとめ

この記事は、10年間自衛官として過ごしてきたボクの体験談を語った記事でした。

保守義務が働いているので、記事にできる範囲がとても狭く少ししか記事にできませんでした。

本当に書きたい事は書けずじまいです。

自衛隊に入りたいと思う人は、正義感を捨てて仕事の一環として割り切ってください。

じゃないと、本当に自衛隊に幻滅します。

残業代も出ないですし、長時間労働・パワハラ・セクハラは当たり前
仲間が死ぬ事も慣れる必要があります。

それなりの覚悟して入隊をしてください。

防衛省の長距離巡航ミサイルは必要なのか?(結論必要です)
日本も長距離巡航ミサイルを開発するんですね〜ぶっちゃけミサイルなんか作ってなんか意味あるの?税金の無駄じゃない?と思う方は多いはず…元自衛官が長距離巡航ミサイルを作る必要があるのか?を解説していきたいと思います。興味のある方は記事を読んでくださいね。

- Comments -

タイトルとURLをコピーしました