お仕事の依頼はココをクリック

【地震の備えはコレだ!】季節ごとの避難グッズをまとめてみた!

おすすめ

 

東日本大震災で災害派遣の経験がある。おおもと(@so88qa)です

 

2018年6月18日の朝に大阪北部で大きな地震がありましたね!

ぼくの住んでいる滋賀県でも震度5弱と比較的大きめな地震に襲われましたが、
防○省時代に東日本大震災で災害派遣活動をしたおかげで今回の地震も「慌てず」「怪我もなく」いつも通り過ごすことができました。

 

おおもと家では、避難用のリュックサックを常に準備していますが普通の人は、何を準備すればいいのかわからないですよね?

 

ツイッターを見て見ると

 

と水を買い占める人が多いらしい、、、、

 

ママ
ママ

なんかあった時に水とご飯が心配だからいっぱい買わないと

おおもと
おおもと

水と食料は自衛隊がすぐに準備するから少しでいいよ

 

水・食料も大事だけど「季節ごとに必要なもの変わります」から!

 

この記事は被災した時に役に立つ「季節ごと」に必要な避難グッズをまとめた記事です。

 

いつ来るのかわからない地震・津波のための備えの参考にしてください。

 

防災のコツは自衛隊のライフハックを見るのをオススメします。

 

自衛官募集チャンネルの『暇つぶしにおすすめ動画を5つ』集めてみた
自衛官募集チャンネルをご存じですか? 防衛省が広報活動の意味を込めて作成した、生活に役にたつ自衛官の豆知識を集めた「面白動画」です。 自衛隊の事をもっと知りたいという人は一度見て下さい。

 

避難グッツのコツ『最小限の荷物にまとめる』

荷物が多いと、移動に時間がかかるので荷物は最小限にしましょう!

 

「水や食料を持てるだけもった方が安心じゃん!」って思う人は多いはず

 

ママ
ママ

あれもいる、これもいる荷物モリモリ

 

おおもと
おおもと

そんなに荷物をもって逃げれるの?

 

でも、「水や食料を持ちすぎて逃げ遅れになったらどうなると思いますか?」

 

  • 地震の二次災害に巻き込まれる
  • 津波に巻き込まれる
  • 避難施設に入れなくなる

 

などの、デメリットが大きいと思いませんか?

 

現に、東日本大震災では「避難遅れ」による被害者は多く

岩手県は死者1346人の56.4%(759人)、宮城県は5788人の54.8%(3170人)、福島県は742人の57.7%(428人)(高齢者も含む)

朝日新聞しらべ

人数となっています。

 

地震がおこったら、まず「避難」これを心がけてください。

 

効率よく、迅速に避難するために荷物は最小限にまとめ「1人リュックサック・バックパック」を1つ持って行くのがいいですね。

 

季節ごとの「避難グッズ」はこれだ!

避難グッズの考えは

  • 常に準備しておくもの
  • 暑い時期に準備するもの
  • 寒い時期に準備するもの

この3パターンで考えます。

  1. 暑い時期は「水分と熱中症対策
  2. 寒い時期は「防寒対策

 

おおもと
おおもと

夏に毛布をもって行っても邪魔なだけだしね

むすめ
むすめ

おもちゃは必需品!!!!

 

これをハズしたら、被災時にかなり大変な思いをするのでちゃんと準備をしましょう!

 

常に準備するもの

  • ライト
  • 着替え(3日分)
  • タオル
  • 充電器
  • 常備薬
  • スマホ
  • レインコート(カッパ)
  • 避難用のリュック
  • 1人2リットルの水
  • 小さい子がいるなら、小さい子の食べ物・飲み物・オムツ

最低限この5項目を準備しましょう!

 

着替え3日分というのは、服は最悪「裏返せば2回」使えるので3日分で十分だと思っています。心配なら7日分を用意しましょう!

 

おおもと
おおもと

パンツを裏返せば2日つかえるよ!

ママ
ママ

そんなことするのアンタだけにして

 

この中で絶対に忘れてはダメなのは、毎日使っている薬

 

被災した時は、食料・水は『自衛隊』や『市役所の防災課』の人たちが準備してくれるので、あまり心配はありません。

薬を忘れると本当に大変なので、絶対に避難用のリュックに詰めましょう!

 

豆知識として、雨・雪の日に被災した場合は「傘」で雨・雪を凌ぐのはオススメしません。

 

理由は「上が見えなくなる」から

上に注意が行かない分「家屋の倒壊に巻き込まれて潰される」恐れがあるので、視野が広く取れるレインコートで雨・雪をしのぎましょう!

 

有名ブロガーもオススメのバックパックを探す

 

暑い時期に準備するもの

暑い時期にプラスで準備するものは

  • 粉ポカリ
  • 塩飴
  • 帽子

「なんで粉ポカリなん?普通のポカリを入れればいいやん」って思う人は多いと思います。

 

実は、スポーツ飲料全般的に「味が濃い」からすぐに喉が渇いてしまいます。

 

飲みやすいからと「お茶」や「水」では汗として出て行った栄養素を補えず熱中症になってしまう。

 

だから、粉ポカリを使って人間の体に合わせたスポーツ飲料を作るのがおすすめ(当分が少なめのスポーツドリンクは薄めてはダメ

 

おおもと
おおもと

ポカリ1、水2の割合がいいらしいよ

 

熱中症対策として、簡単に食べれる塩飴は移動中や口が寂しい時に手軽に食べれるので1袋は持つようにしましょう

 

オススメの美味しい塩あめを探す

 

寒い時期に必要するもの

寒い時期に準備するものは

  • カイロ
  • シュラフ(寝袋)
  • 90ℓゴミ袋
  • マスク

できれば、シュラフ(寝袋)をもっていきたい

避難場所が学校の体育館などだった場合「床に薄い布を敷いて寝泊まりをする」必要がありますが、めっちゃ寒い

 

おおもと
おおもと

床が硬くて、寒くて眠れない〜

ママ
ママ

ガクガクブルブル

むすめ
むすめ

ガクガクブルブル

 

 

寒さ対策で、シュラフ(寝袋)をできればもっていきましょう!それでも寒ければ、ゴミ袋をかぶって少しでも寒さ対策をするのをオススメします。

 

 

オススメのシュラフ(寝袋)を探す

 

自衛隊に学ぶ「収納方法」


靴下のくだりじゃないよ、衣服を小分けするくだりが重要だからね!

 

ジップロックのチャック式ゴミ袋(逆止弁式なら最高)に衣類を入れると、汗や雨でリュックの中の衣服を濡らす恐れがありません

 

おおもと
おおもと

袋に入れて防水にしよう!

 

真空にして収納することによってコンパクトにまとめることができるので、被災時に持ち歩く荷物を小さくするのに役に立ちます。

 

 

オススメの収納袋を探す

 

季節ごとの避難グッズまとめ

とにかく、動きやすいように必要最小限に抑えた荷物を常に用意しよう!

常に用意するものは

  • ライト
  • 着替え(3日分)
  • タオル
  • 充電器
  • 常備薬
  • スマホ
  • レインコート(カッパ)
  • 避難用のリュック
  • 1人2リットルの水
  • 小さい子がいるなら、小さい子の食べ物・飲み物・オムツ

 

夏場にプラスするものは

  • 粉ポカリ
  • 塩飴
  • 帽子

 

冬場にプラスするものは

  • カイロ
  • シュラフ(寝袋)
  • 90ℓゴミ袋
  • マスク

 

これだけ、準備できれば安心ですね。

 

ママ
ママ

準備したものをどこに置こうかな

 

おおもと
おおもと

玄関に置いておくのがオススメ

 

地震は、いつが起こるのかわからない、、、、

 

少しでも被害を最小限にするために、常日頃から避難の準備をすることをオススメします。

 

それでは、また!

 

自衛官募集チャンネルの『暇つぶしにおすすめ動画を5つ』集めてみた
自衛官募集チャンネルをご存じですか? 防衛省が広報活動の意味を込めて作成した、生活に役にたつ自衛官の豆知識を集めた「面白動画」です。 自衛隊の事をもっと知りたいという人は一度見て下さい。

 

おおもと
おおもと

質問などがあれば、コント覧に書き込んでくださいね!

- Comments -

タイトルとURLをコピーしました