本業が忙しく記事の更新が出来てませんが、GWに毎日更新しますので楽しみにしていてください(_ _)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Gutenberg】Cocoon Blocksの使い方について

Cocoon
スポンサーリンク

まいどおおきに!おおもと(@so88qa)です

 

2018年12月からワードプレスエディッターがGutenberg(グーテンベルク)に変わって、ワードプレスでブログを書いている人は四苦八苦しているのではないでしょうか?

この記事は、ワードプレス無料テーマCocoonで使えるプラグインのCocoon Blocksを使ったGutenberg(グーテンベルク)の使い方を画像多めで解説する記事です。

 

ワードプレス無料テーマCocoon(コクーン)について詳しく解説
今一番波に乗っている『有料級』のワードプレス無料テーマ【Cocoon(コクーン)】について詳しく解説して行く 記事です。ぼくは、Cocoon(コクーン)を初期の頃から使ってますが、日々の進化には目を疑います。 今なら、無料ですのでぜひ記事をみてCocoon(コクーン)を使ってください。

 

ワードプレス無料テーマCocoonを使っている人はぜひ最後まで読んでください!

もしまだ、Cocoon Blocksプラグインをダウンロードしていない人はこちらからダウンロードしてください。

 

注意:Cocoon BlocksはCocoon 1.6.4からテーマに組み込まれました。最新のCocoonをダウンロードしたら、Cocoon Blocksプラグインを入れなくてもOKです。

スポンサーリンク

Gutenbergでタイトルの入れる方法

ワードプレスで新規記事を追加をクリックすると、最初に「タイトル追加」というブロックが現れています。

こちらからタイトルを追加しましょう!

Gutenbergでクラシックエディターを使う方法

文章を書くには、クラシックエディターが使いやすいです。

フォーマット→クラシック

と選んでクラシックエディターブロックを挿入してください。

Gutenbergでもクラシックエディターで文章が書けます!

もちろん、今までのスタイルもそのまま使えます!

 

おおもと
おおもと

吹き出しもつくれるよ!

ママ
ママ

便利だね♪ 

Gutenbergで見出しを挿入する方法

Gutenbergでは、見出しもボックスで独立して作ることができます。

一般ブロック→見出し

と選んで見出しボックスを挿入してください。

独立して見出しブロックを作ることで後から、順番の入れ替えができて便利です♪

Gutenbergで画像を挿入する方法

画像を挿入したいなら、画像ブロックを使うと便利!

一般ブロック→画像

と選んで画像ブロックを挿入してください。

今までの画像の挿入方法と一緒で

  • 直接画像をアップロードして挿入
  • ライブラリー内の画像を挿入
  • URLから画像を挿入

と選べます♪

Gutenbergで動画などを挿入する方法

ユーチューブ動画、スポティファイなども簡単に挿入できます!

埋め込み→ユーチューブなど

を選んで挿入してください。

URLをコピペするだけで、簡単に挿入できますよ♪

GutenbergでCocoonのお馴染みのボックスを使う方法

Gutenbergでもクラシックエディターで使っていたCocoonのボックスを使うことができます。

Cocoonブロック→アイコンボックスなど

で好きなボックスを選んでください♪

上の画像のような感じでボックスが挿入されます。

GutenbergでCocoonの汎用ボックスを使う方法

Cocoon Blocksプラグインがリリースされて導入されたボックスは

Cocoon汎用ボックス→見出しボックスなど

から好きなボックスを選んでください♪

ココで好きな文字が入れれます。

 

右のカラムのスタイルの設定から

  • ボックスの色
  • ボックスのアイコン

の変更ができて、幅広い応用が効きそうなボックスですね!!

Gutenbergでアイキャッチなどの変更

Gutenbergでも簡単にアイキャッチなどを変更できます!

右カラムを「文章」に変えると、変更できるボックスが表示されるのでそこから変更しましょう!

Gutenbergでパーマリンクを変更する方法

Gutenbergではパーマリンクの変更を見落としがちなので注意してください。

一度タイトルを入力して、もう一度タイトルをクリックすると「パーマリンクの変更」ができます。

Cocoon Blocksの使い方のまとめ

この記事は、Cocoon Blocksプラグインを使ったGutenberg(グーテンベルク)の使い方を解説する記事でした。

 

Gutenberg(グーテンベルク)に変わって、エディターの使い方がかなり変わりました。

Gutenberg(グーテンベルク)に慣れるまで時間がかかるかもしれないですが、Cocoonを使っている人はCocoon Blocksを使うとわりかし簡単に記事が書けます!

 

ぜひ、この記事を参考にして記事を書いてください。

 

注意:Cocoon BlocksはCocoon 1.6.4からテーマに組み込まれました。最新のCocoonをダウンロードしたら、Cocoon Blocksプラグインを入れなくてもOKです。

 

ワードプレス無料テーマCocoon(コクーン)について詳しく解説
今一番波に乗っている『有料級』のワードプレス無料テーマ【Cocoon(コクーン)】について詳しく解説して行く 記事です。ぼくは、Cocoon(コクーン)を初期の頃から使ってますが、日々の進化には目を疑います。 今なら、無料ですのでぜひ記事をみてCocoon(コクーン)を使ってください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Cocoonブログ

Relation

- Follow -
おおもとブログ

Comment