【レビュー記事】ブログをCocoonからSWELLに変えてみたら…

まいどおおきに!おおもと(@so88qa)です♪

この度ブログのテーマを有料の「SWELL」に変えました!

SWELLの前は無料で使えるCocoonというテーマを2年も使っていたのですが…

おおもとのアイコン画像おおもと

Cocoonに不満があったのではなくSWELLが気になり過ぎて思わず買ってしまった。

SWELLは有料テーマの中では金額が高い部類(税込み17,600円)にも関わらずかなり人気のあるテーマです。

人気のあるテーマなので数多くのレビュー記事があります。

などなど、多くの記事がレビュー記事がありますが…

ボクの場合は以前使っていたテーマ「Cocoon」と「SWELL」を独断と偏見で比較してSWELLをレビューしていきたいと思いますので、興味のある方は最後まで記事を読んでくださいね♪

もくじ

CocoonとSWELLをざっくり比較

早速ですが、「Cocoon」と「SWELL」を比較していきます。

比較項目は3つを独断と偏見で比較していきます!

Gutenbergの使い心地

Cocoon」と「SWELL」のGutenbergでの記事の書きやすさを比較します。

おおもとのアイコン画像おおもと

使う人によって使い心地が違うので真に受けないでください。

CocoonSWELL
Gutenbergの対応完全対応完全対応
装飾のやり方主にブロックで装飾(一部ショートコード)主にブロックで装飾(一部ショートコード)
記事の書きやすさ書きやすい書きやすい

ボクは「Cocoon」と「SWELL」とでは記事の書きやすさに大差ないと思っています。

Cocoonの方が機能が豊富でゴチャゴチャしているので多少装飾を探しづらい

ただ、SWELLはGutenbergに完全対応というだけあって、装飾をほぼマウスで出来てしまう便利さがあります。

WordPressのエディタに文章を書くのではなくMarkdownエディタなどの文章作成に特化したアプリケーションで書いた文章をWordPressに貼り付けてSWELLの機能で色付するのがベストだと感じています。

  1. Markdownエディタで文章作成(キーボードを使う)
  2. WELLの機能で色付(マウスを使う)

キーボードを使う場面とマウスを使う場面を分ければ、記事作成が飛躍的に向上すると思います。

デザインのカスタマイズ性

Cocoon」と「SWELL」のデザインのカスタマイズしやすさを比較します。

おおもとのアイコン画像おおもと

ここは有料と無料で大きく分かれるところですね。

CocoonSWELL
独自機能ほぼ無い細かく変更できる
CSS手軽に使えるほとんど使えない(使いにくい)
PHP手軽に使えるほとんど使えない(使いにくい)

Cocoon」と「SWELL」とでは

  • SWELLは初心者でも手軽に使えるように出来上がったデザインをしている。(カスタマイズ性が乏しい)
  • Cocoonは知識がなければ自分色のサイトに作り変えることができる(カスタマイズ性が豊富)

SWELLは有料テーマという事もあり、初心者でも簡単にサイトが出来るようにあらかじめ出来上がったデザインをしています。

出来上がったデザインのパーツを自分なりに組み立てるイメージですね。

逆にCocoonは知識があれば何色にでもある柔軟さがあります。でも知識が無いとデフォルトのデザインのまんまで面白みが無いサイトが出来上がります。

Cocoon」と「SWELL」を比較して初めて使うなら有料ですがSWELLが良いと思います。

スピード

Cocoon」と「SWELL」のサイトスピードを比較します。

おおもとのアイコン画像おおもと

CocoonからSWELLに変えて一番おどろいた所かもしれない…

比較するのにグーグルのPageSpeed Insightsを使用しますが、Cocoon時代に測定していた画像ないので証拠がないので記憶にある点数で比較します。

CocoonSWELL
PC(広告なし)99点83点 99点
モバイル(広告なし)90点66点 88点

Cocoon」と「SWELL」とでは、圧倒的にCocoonの方が速かったです。

SWELLを最適化したらCocoonと同等のスピードが出ました!

Cocoonのは

  • 各種高速化の設定
  • AMP、PWAの対応

など、無料テーマなのに有料テーマ以上の高速化をしてるテーマです。

SWELLはというと、初心者でも扱いやすいように設定をしているように感じます。(まだ調べきれていないので全貌がわかってない…)

SWELLで高速化ができないという訳でもなく、サイト高速化のプラグインを使えば高速化ができます。

SWELLの良いと思うところ

Cocoon」と「SWELL」を比較してSWELL良いと思うところ

装飾機能が洗練されていて記事が書きやすい!

多くのレビュー記事を読んでも、Gutenbergに完全対応していて記事が書きやすい!という内容が多かったです。

おおもとのアイコン画像おおもと

ボクも同じ意見でSWELLの良いところは文章が書きやすいところだと思います。

ボクが思うSWELLを使うと記事が書きやすいと思う理由は

  • 装飾機能が整理されていて探しやすい
  • 多くの装飾がマウスで簡単に使うことができる。
  • 不要な装飾機能が皆無

というところです。

ブログの主役はあくまで文章

Cocoonのサイトにも書いてありますが「ブログの主役は文章」です。

SWELLは不要な装飾がなく迷わず簡単に文章が書けるテーマだと思っています!

SWELLが気になる人は是非ダウンロードページから購入してくださいね♪

\ SWELLを購入する /

SWELLの悪いと思うところ

Cocoon」と「SWELL」を比較してSWELL悪いと思うところ

SWELLを使った場合あまり高速化(PageSpeed Insightsの点数が低い)されない…

レビュー記事の中ではSWELLは高速!だと書いている記事もありますが、ボクの場合は逆に遅くなりました…

遅くなった要因として

  • 記事の移行が完全に済んでいない
  • プラグインの高速化設定がSWELLにあっていない

などが考えられるので、使っていくうちに解消はされると思いますが

おおもとのアイコン画像おおもと

テーマを変更した場合ここまで変わるものなのか…

と、ブログを初めて3年目でひしひしと感じています。

SWELLを最適化したらCocoonと同等のスピードが出ました!

ブログを始めた当初は無料テーマでお金ができたら有料テーマに変えようと思ってました。

テーマを変えるとプラグインの付け替えと検証、古い記事の修正で多くの時間が割かれます。

ボクの場合は、1ヶ月かけて新しい記事を書かずに記事の修正に力を入れていますが一行に終わる気配がありません…

それなら、はじめから高くても有料テーマを使うべきだと思います。マジで時間がもったいない

有料テーマの中には、買い切りではなく毎月毎年お金がかかるものがあります。

サポートがいいのだと思いますが、サポートなんて使い始めの最初の方だけ使うものなのでサポートが手厚くてもあまりメリットがないと感じていますが、SWELLは買い切りです!

1回17,600円と高いですが、買い切りで複数のサイトに使いまわしができるので2サイトなら8,800、3サイトなら5,900円でつかえると考えるとかなり安いと思います。

初めてブログを始める人はSWELLを購入することをおすすめします♪

\ SWELLをチェックする /

レビューのまとめ

SWELLレビュー

この記事はWordPress有料テーマSWELLのレビュー記事でした♪

SWELLを使い始めて日がたってませんが、色々と感じたことがあったので記事にしてみた感じです。

おおもとのアイコン画像おおもと

SWELLは良いテーマだと思います。

SWELLを使うことで文章を書くことがかなり楽になりました。まじでSWELLに感謝です!

  • ブログを始めたばかりでSWELLが気になっている方
  • テーマ移行でSWELLが気になっている方

はこの記事を参考にしてSWELLの購入を検討していただければありがたいと思います。

この記事をシェアする

クリックして応援♪

このブログはSWELLで出来ています!

SWELLレビュー
  • 簡単におしゃれな文章が作れる
  • マウスだけで簡単におしゃれなブログを作れる
  • テーマ製作者に事を気軽に聞ける環境
  • 簡単に収益化ができる仕組みを搭載
当ブログもSWELLで出来ています!
気になる人は公式サイトを覗いて見てくださいね♪

コメントを書いて応援♪

コメントする

CAPTCHA

もくじ
閉じる