お仕事の依頼はココをクリック

サイト運営を始めて20日でGoogleAdSense審査に受かった秘訣を教えます。

ブログ
スポンサーリンク

 

今回は初めてサイト運営を始める方向け第3段ということで、GoogleAdSenseについてのお話です。

 

スポンサーリンク

私のサイト運営の時系列

私がwpXクラウドの契約をしたのが2018年1月23日

→AdSense審査を出したのが、2月12日深夜2時

→合格通知が来たのが2月12日11時です。サイト運営を始めて20日たらずで合格

という流れです。

 

スポンサーリンク

AdSense審査基準

  1. 記事の更新頻度
  2. 無料ブログではないこと
  3. コンテンツの充実度
  4. Googleポリシーに準じているか

大きくこの4点があるようで、Googleのルール上でいかに質の良い記事を頻繁に書いているのか?というところだと思います。

 

なぜ私のサイトがGoogleAdSenseの審査に受かったのか自己分析した結果は私のサイトの強みにあると思います。

 

スポンサーリンク

私のサイトの強み

それは、2点あります。

  1. サイトスピード
  2. 記事を毎日修正している

 

サイトスピードを上げる事によって、読み手に対してストレスなく記事を読んでもらえる配慮

毎日記事を更新することによって、読み手に対して良質な記事の提供

この2点がGoogleから評価を得てわずか20日たらずで審査合格をしたのだと思います。

これにより、分かったことが最後のまとめの通りです。

 

スポンサーリンク

まとめ

我々がネット上で挙げている数々のサイトは全てGoogleのSEOによって、検索結果の上位に入るか入らないかが決まります。

欲しい知りたい情報をネットで検索をして一番最初に表示されたら嫌でも目につきますよね?逆にネットで検索しても500番目に表示された場合は、そのサイトにたどり着く可能性が限りなく0に近くなります。

せっかく頑張って作成したサイトが表示されないことは悲しいですね。今の私の状態です( ;  ; )

 

広告審査の合否も同じです。質の良いサイトが上位に表示されそれを見てくれた多くの人にGoogleと契約をしている広告を見てもらいたいのです。

逆に質の悪くて500番目に表示されるサイトに広告を表示してもらったら、広告の質を落とす原因になりかねません。

 

それは、Googleの意に反することだと思います。

当たり前の話ですが、『読み手にとって有益な情報を与えれるのか?』の一点のみの答えをどれだけ高い純度で再現できるか?にかかっています。

良質の記事を書くだけではなく、見てもらうための配慮をしっかりすれば高確率で審査に受かると思いますので、ぜひ考えて見てください。

 

参考サイト

バズ部
私たちが考える最高のWebマーケティング、コンテンツマーケティングについて、会社経営者、Webの担当者や個人事業主の方々にダントツで役に立つコンテンツを提供する「バズ部」

- Comments -

タイトルとURLをコピーしました